Beads Kit
 &Accessory Shop


ビーズ美人
¥2.000以上お買い上げ送料無料

アクセサリーの作り方の基本
天然石・淡水パール・スワロスキービーズなどを使ったキット&アクセサリーショップです
☆いらっしゃいませ 初めてのお客様は下の覧の<ご注文前に>をまずご覧ください
お客様のご都合による商品の返品・交換はお断りさせていただいております。

特定商取引法 ご注文前に お支払い・送料 お問い合わせ お取り扱いについて
K I T

ビーズキット一覧
リング
ネックレス
ネックレスセット物
チョーカー
ラリエット
ブレスレット
イヤリング・ピアス
ブローチ
ヘアーアクセサリー
バッグ

アニマルストラップ
ビーズ通し針
結婚式・パーティ
キットセール品

ビーズパーツ
丸小ビーズ
金具パーツ
シャワー台・イヤリング
皮ひも
淡水パール
天然石
チェーン
ワイヤー・テグス
スワロフスキー
ベネチアンビーズ
ギフト用
ラッピングセット
巾着ポーチ
プチプチ封筒
ネックレスケース


ACCESSORY

アクセサリ一覧
リング
ネックレス
ネックレスセット物
ネックレストップ
チョーカー
ラリエット

ブレスレット
イヤリング・ピアス
ブローチ
ヘアーアクセサリー
結婚式・パーティ用
完成品セール品
アニマルストラップ

作り方の基本
アフターサービス
プロフィール
ビーズ美人ブログ
工具の使い方
リンク
大口注文について


アクセサリー
ネックレス・ブレスレット

ビーズキット






アクセサリーの作り方の基本
ビーズ穴を大きくしたりきれいにする(バリを取り除く)方法
☆天然石・パールビーズなど穴が小さいときや穴の周りに<バリ>といわれるコーティングが残っている場合があります。
バリの取り除き方
1)穴に目打ち・シルクピンや縫い針、などでバリを取りの除きます。Tピン5mm・ビーズ通し針を通します。
 片穴だけでなく両方の穴から通してください。
1)ワイヤーやひもに通っている場合は通ったまま左右にしごいたりします。
(きつくやり過ぎないように注意してください。)

2)テグスにビーズを通して、片方は指に2回転させて固定させ、もう片方は際でぐるぐると回します。
 片穴だけでなく両方の穴を回してください。


アーティスティックワイヤーの番手と太さ(mm)の種類
番手 #18  #20  #22  #24  #26  #28 #30  #32  #32
太さ 1.0    0.8   0.6   0.5   0.4   0.3   0.25  0.2   0.16

ビーズ通し針の通し方
1)通しにくいビーズにテグスを通す時ビーズ通し針にテグスを通して、
平ヤットコで先をつまんで少しづつ通していきます。
2) 3)ビーズとビーズの間でテグスを出したいときは、ビーズを左手で曲げて通します。
☆左右のテグスにビーズ通し針を通して作るとスピードアップになります。


☆ビーズ通し針のご購入はこちらへ
<ビーズ通し針セール中>
☆ワイヤー100m巻き又は12m巻き・テグス2号又は3号20m巻き2割引販売はこちらへ

マルカン・Cカンの開け方・閉じ方
■マルカン・Cカンの開け方
(1)2つのペンチでマルカン・Cカンの左右をつかみます。
(2)前後の矢印の方向にペンチでねじります。

マルカンは指カン(2)のように開いてください。

☆ペンチで(1)のようにすれば元のようになります。
☆チェーンなどにひきわ・カニカン・アジャスターなどをマルカンで取り付ける時
☆イヤリング・ピアスなどにもマルカン・Cカンなどで作ったものを取り付ける時
☆9ピンなどをにマルカンでつなぐ時

■マルカン・Cカンの閉じ方
(1)ギザギザのない平ペンチでマルカン・Cカンを平らにします。(普通の平ペンチでもOKです。)
(2)マルカン・Cカンの口が開いていたら平ペンチで閉じます。

☆画像は金具に傷をつけないギザギザなしの平ヤットコです。

☆ギザギザのない平ペンチ拡大画面

指カンの使い方
1)親指に指カンをはめマルカン・Cカンを手前にねじって(2)のようにあけます。
☆横にあけないようにします。


Tピン・9ピンの丸め方
(1)ビーズにTピン・9ピンを通し、
(2)90度にピンを倒し、ニッパーなどで0.6〜0.7mmぐらい残してカットます。
(3)丸ヤットコで丸めます。
9ピンの場合は左右同じ大きさになるようにカットして丸めます。
つけるところの大きさや巾で丸める大きさが違ってきます。
☆通常9ピンは逆向きに丸めます。
☆同じ方向に丸めるときもあります。
Tピン・9ピンには巾(厚み)や長さがいろいろあります。
巾(厚み)0.8〜0.5cmあり、淡水パールなどビーズ穴の小さいものは0.5cm巾(厚み)を使います。0.6cm巾(厚み)が一番使いやすいです。0.7cmや0.8cm巾(厚み)はビーズの穴の大きなビーズに使います。
長さは1.5cmから最近は6.5cmぐらいのものまであります。
カラーも金・銀・黒ニッケル・金古美・銀古美・銅古美・つや消し銀・ピンクゴールドなど豊富にあります。
金具のカラーによって出来上がりのイメージが違ってきます。
出来上がりのイメージに合った金具を選んでください。


シャワー台のとめ方
(1)2つだけシャワー台の爪を内側に倒します。
(2)モチーフをつけたシャワー台を差し込むようにはめ込み、ティッシュペーパーなどを平ヤットコとの間に挟んで残り爪2個を平やっとこで内側に倒します。
(ティッシュペーパーをはさむと傷がつきません)


☆シャワー台にビーズでモチーフをつけていく時の注意は、シャワー台の爪の部分の位置を確認して、その部分は空けておきましょう。
シャワー台の爪がきれいに曲がらないことになります。


☆シャワー台ブローチ・イヤリング&ピアスのご購入は
こちらへ。
イヤリング・シャワー台イヤリングマンテル格安バーゲン中
☆チェーン格安バーゲン中

皮ひも金具の留め方
1)皮ひもを出来上がりの長さにカットし、皮ひもの両面に接着剤を付け、金具に入れます。

(2)平ヤットコで片方ずつ倒してから、平ヤットコでギュッと表裏をはさんで平らにします。
側面もはさんで形を整えます。

皮ひもが抜けないようにしっかりととめます。

平ヤットコはギザギザのない平らなものをご使用ください。
☆左右皮ひもがねじれないように同じ裏表になるように注意してください。

(3)マルカンでカニカン(ひきわ)・アジャスターなどをとめつけてください。


☆皮ひも・留め金具のご購入はこちらへ

テグスの通し方
A)テグスがねじれて編んでいる作品がねじれたりすることがありませんか?ねじれないようにするには
1)交差する」テグスの左右どちらかを上にすることを統一します。
 左を上にしているときは常に交差のテグスは左を上にします。
 右を上にしているときは常に交差のテグスは右を上にします。

2)一度交差して通したテグスはなるべくほどいたりしないようにします。

3)交差編みをするたびに形を整えてテグスを引っ張って形を確認をします。

B)しっかりした形にしたい時はテグスをできるだけ何度もビーズの穴に通すとかっちりとした作品になります。
編み終わりは2度結びをし、残りテグスはビーズ2〜3個戻り通しをし、結び目をビーズの中に入るようにテグスを引っ張ってから、カットします。編み方がゆるいところがあればもう一度テグスを通してしっかりとした形にします。(テグスが通らないときは細いテグスを使用します。)

テグスの号数の太さ
よく使用するテグスの号数と標準直径の太さを記入します。(日本釣用品工業会標準規格)

1号 1.5号 2号 2.5号 3号 4号
0.165mm 0.205mm 0.235mm 0.260mm 0.285mm 0.330mm 

あくまでも標準直径なのでメーカーの号数の直径がその前後を超えなければいいという感じです。同じ号数のテグスでもメーカーによっても太さに違いがあります。
作品によっては透明のテグスでは目立ってしまうことがあるので、そのときはカラーテグスを使います。
ブラックビーズだけで作品を作るときは、ブラックカラーのテグスを使うとすっきりした作品になります。
ビーズの穴の大きさやテグスを通す回数によってテグスを使い分けています。
ビーズの穴の大きさで通す回数が多い場合はビーズのデザイン位置が変わったり穴の大きなビーズを使ったりします。
よく使うテグスは、2号、3号です。